2018-09-22 21:09:13 自民党員を辞めた理由

次々起こる災害にも無関心で「原発再稼動」「オリンピック」・・・金・金・金のアベ自民党。 暴言、失言、虚言のアベ自民党に、 ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

日本消費者連盟リポートより

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

おしらせ ホームセンターなどへ要望書提出しました 当会には、アレルギーや化学物質過敏症の患者さんからの相談が、この数年 ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

市販の国産の茶葉、ボトル飲料のすべてからネオニコチノイド系農薬が検出したそうです。 すべてだなんて、あんまりですね~ ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

目からうろこの『柔軟剤リスク!』 以下、株式会社幸せ届けたいの社長さんのブログから 写真のフィルターは柔軟剤で目詰まり ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

こんな取り組みができるようになって本当に嬉しいです! 本来、国がやらなければならない各種の支援が、日本では民間やNPOが ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

2018-09-19 18:09:38 まだまだ・・・です

涙はこらえず、泣きたい時に泣き、 苦しい時は、愚痴を言い、 批判されたら、言い訳をし、 屈辱を受けたら、怒って言い返す・ ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

2018-09-17 10:09:38 ネイティブハワイアン

 小さき花まつりプレイベントネイティブハワイアンによる伝統技術のハワイアンカヌー(双胴船)の制作   

by 小さき花 市民の放射能測定室 代表のブログ - 一番小さき人、こまっている人、必要としている人のための放射能測定室「小さき花 市民の放射能測定室」の石森です。

学校の給食用エプロンは、みんなで回して使います。 前に使った人が「香り付き洗剤」で洗ったら・・・次に着る人が「くさ~い! ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

2018-09-14 10:09:58 小さき花まつり

百姓、宗教者、アーティストみんなですばらし百姓、宗教者、アーティストみんなですばらしい未来を創造する まつりです。石 ..

by 小さき花 市民の放射能測定室 代表のブログ - 一番小さき人、こまっている人、必要としている人のための放射能測定室「小さき花 市民の放射能測定室」の石森です。

2018-09-14 10:09:48 お盆の半月

お盆の半月すべてのことがすべてのものがいと愛おしくて、いと恋しくて、すべてのことがすべてのものがいと懐かしく、いと美 ..

by 小さき花 市民の放射能測定室 代表のブログ - 一番小さき人、こまっている人、必要としている人のための放射能測定室「小さき花 市民の放射能測定室」の石森です。

マムシさま達本当にご迷惑かけております。色々ありがとうございます。無事測定終わりました。今年は、トマトハウスで、5匹 ..

by 小さき花 市民の放射能測定室 代表のブログ - 一番小さき人、こまっている人、必要としている人のための放射能測定室「小さき花 市民の放射能測定室」の石森です。

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。

最近図書館から借りてきた本「黒い巨塔 最高裁判所」。 いかに原発は日本に危険か、裁判官の判断のひどさがとてもわかりやす ..

by 小樽・子どもの環境を考える親の会 - 記事は、4人で書いています。( 編集1人 ) 私たちの会の活動と、考え方、小樽市の子どもたちの環境を 小樽を市民の皆様に知っていただくためのブログです。 そして、小樽市だけでなく、全国の子どもたちが安心な環境で暮らせるために、 私たちの活動を知っていただけたらと思っています。 小樽市の四季折々も混ぜながら発信していきます! 『小樽・子どもの環境を考える親の会』は「シックスクール」問題からスタートしました。 その後、子どもたちの環境がひどく危険であることがわかり、マスコミが報道しない真実を一人でも多くのおかあさん、先生に伝えようと毎月通信を発行してきました。 その会員も今では、少数ではありますが口コミで全国に広がり、親だけでなく独身の若い方にも読んでいただいています。 「知っていれば・・・」と、後悔しないよう子育てに欠かせない情報を分かりやすく簡単にまとめてあります。 通信の内容は賛否両論、いろんな意見(情報)があるということを考慮して読んでいただければ幸です。 「マスコミが報道しない真実を伝えてくださる人々」に登場する方々は、当会の会員さんでありますが、良きアドバイザーであり、理解者でもあります。 〇会の目的 環境中に溢れる有害化学物質などが、子どもに与える影響を学び、予防原則をもとに情報を広く市民に提供し、市民と協力して子どもの環境を考え、守っていくことを目的とする。 〇会の活動 1、会報『しっていますか?シックスクール』を毎月1回に発行する。 2、子どもを取り巻くあらゆる環境について問題点を明らかにし、改善されるよう省庁・自治体に要望、交渉する。 3、毎月1回定期学習会を開催。 4、講演会や出前講座の実施。 5、NPO、市民団体、専門家と情報交換し、問題の解決に向けて行動する。